iPod touchでRemote

相変わらず背中の痛みで身動きが取れないフジカワです、こんにちわ。

さて、体は動かないのですが風邪と違って頭は動くので
普段やりたくてもちょっと時間が取れなくてできてなかった、というものをばしばし片付けたいところです。

  1. つぎつぎにamazonから届くくせに読んでない本を読む(いや、買う僕が悪いんですが…)
  2. ちょっとだけ気になるけど手を出すに至ってないWebサービスを試しまくる
  3. 最近購入したiPod touchを便利に使えるようにやってみる

なんかがあるのですが、とりあえず今回は3のiPod関係を試すことに。

一番気になってたのは
Remote
http://www.apple.com/jp/itunes/remote/
簡単に言うと、touchをマシンにインストールしてるiTunesのリモコンにしちゃいましょう、というアプリ。
最近のマックに付属してるちっちゃいリモコン(apple remoteだっけ?)がありますね。
でもあれだとマックのモニタを見ながら曲選びをしなきゃだから、視力の良くない僕にはちょっと辛い。
しかもシンプル過ぎるリモコンのインターフェイスのおかげで使い勝手がやや難あり。
なわけです。

それを一気に解決するのがこのアプリ。
これをインストールすると、iTunesに入ってる曲全てがtouch(もしくはiPhone)と同期され、
いつもtouchで曲を聴くときのように曲を選んで再生すれば、マックのiTunesから曲が再生される、という素敵な流れ。

というわけでtouchでApp Storeにアクセスし、
Remoteをダウンロード&インストール。

1.起動するとまずは設定が必要になるので、「ライブラリを追加」をクリック。
2.4桁のパスコードが出てくる
3.同じネットワークに接続してるマックのiTunesの左側メニュー「デバイス」から「○○のiPod」をクリック
4.表示される4桁の枠に、touchに表示されてるパスコードを入力
5.これでOK!これでtouchはiTunesのリモコンに早変わり!!

と思いきや、ファイヤーウォールが云々というエラーメッセージが…。
というわけで、あと一手間。
6.マックの「システム環境設定」>「セキュリティー」>「ファイヤーウォール」で、「特定のサービスおよびアプリケーションにアクセスを設定」にチェックを入れ、「+」アイコンから「iTunes」を追加してあげましょう。

これで今度こそOK!!
今日から家の中に居る間はiPodはiTunesのリモコンになりました。
あとはiTunesからWi-Fiで外部スピーカーに音をとばせるようにするだけだな。
AirMacExpress買うしかないのかなぁ…。

コメントを残してみる

コメント